読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手帳型ケースはめちゃくちゃ便利ポイントいっぱい!

手帳型ケースを使うとiPhoneだけでいろいろできちゃう!

手帳型ケースの魅力を教えて!」

機能性バツグンな手帳型ケースですが、今まで一般的な背面を覆うカタチのハードケースやソフトケースを利用していた方にとっては「手帳型ってなにがいいの?」「大きくなって不便じゃないの?」となかなか手が付けにくいですよね。

そこで今回は、手帳型ケースを使ったことがない方にも魅力がわかるように「手帳型ケースを使うと便利なこと」を紹介します!

手帳型ケースってなにがいいの?

手帳型ケースとはiPhoneの背面や液晶面をすべてを包み込む手帳カバーのようなケースのことです。iPhone全体を覆うので保護力が高いことや、ケースとしてだけではなく、ほかの機能がたくさん付いていることが多いのが特徴です。

機能性バツグンなケース

手帳型ケースの魅力はなんといっても機能がたくさんあることです。カードポケットがついていたり、卓上スタンドになったり、内側にミラーが付いているケースまであります。

iPhoneを持っているだけで買い物ができたり、身だしなみチェックができるのはとても便利ですよね。


手帳型ケースの内側には、ほとんどカードポケットが付いています。中にICカードを入れればパスケースが不要になります。


そのまま電車に乗ったり、自動販売機で缶ジュースを買ったりできますよ。


動画を観るときには卓上スタンドにもなります。たまにしか観ない動画のために卓上スタンドを買うのはためらうけれど、機能としてケースに備わっていたら嬉しいですよね。

ほかにもいろいろあります

ミラー付きであれば外出時にサッと身だしなみが確認できます。

お財布とケースが一体になったモノもあります。もはやiPhoneケースに見えないですよね。でも、ランチやコンビニへ行くときにお財布いらずなのはすごく便利ですよ。



つまり手帳型ケースは「iPhoneを守るケース」としてだけではなく、ほかの役割も担ってしまう便利グッズなのです。1つで2役も3役もこなすスゴイやつ!

ケース1つ持っていれば、そのまま買い物できたり動画が観やすくなったりするのはとても便利ですよね。

手帳型ケースを1度使ってしまうと、その便利さになかなか別のケースに戻れない方がいっぱいいるのも納得です。
保護力もあります

手帳型ケースはiPhoneの液晶面、背面ともに丸ごと覆っているものがほとんどです。背面しか覆っていないハードケースや側面のみのバンパーと比べて保護力が高いところも魅力的です。

万が一落下しても、iPhoneに直接衝撃が加わりません。


強化ガラスや保護フィルムなしでも、液晶が傷付く心配が少ないのもありがたいです。
厚みが出る?

手帳型ケースで気になるのはケース自体の厚みが出てしまうことです。やはり、覆う部分が多いのでハードケースやソフトケースと比べるとどうしても厚みが出てしまいます。


しかし、手帳型ケースは両手持ちする方がほとんどです。両手で持ってしまえば厚みはさほど気になりませんよ。

「最初はちょっと厚いかな?」と思うかもしれませんが、慣れてくれば手帳型ケースの持ちやすさを実感できると思います。

厚みが出ないモノもあります

「どうしても厚みが気になる!」という方にオススメの薄型手帳ケースもありますよ!

オシャレなケースもたくさん

以前はビジネスマン向けのシンプルなデザインが多かったイメージの手帳型ケースですが、最近はオシャレなケースが増えています。なかには、女子向けのラブリーなケースもありますよ!

手帳型ケースを1度使えば、その便利さにほかのケースには戻れなくなりますよ!

ネットから拝借しましたが、出典アプバンクです。

電話電話電話

http://www.nziphone.com/Narrow/t3/list-r1.html